のぼりの歴史は深い

コンビニ、スーパー、色んな所でのぼりは見つける事ができます。

販売促進の効果があるとして、店頭にのぼりが設置されているのです。

でも皆さんはきっとほかのところでものぼりを見ていると思います。

そう、時代劇や戦国物の映画などでは、武将たちが各自のぼりをもって戦いに挑んでいる姿を見かけます。

武将たちがのぼりを利用するようになるずっと以前、卑弥呼の時代からのぼりは利用されてきました。

当時は神格化させるという意味合いで利用されてきたもので、位の低い庶民には利用できないものでした。

その後武将たちが戦に行く際に、自分たちのカラー、家紋などを利用し工夫されたのぼりを利用するようになり、士気をあげるため、また仲間の位置を知らせるためなどに利用されてきました。

現代はその利用の多くが販売促進等に利用されているのぼりですが、日本では古くから利用されてきた歴史深いものだったのです。