リフォームでありがちなトラブルについて

リフォームを行った後、トラブルが発生して困ったという話も耳にします。

リフォームでありがちなトラブルは何か、また起こった時の対処法についてまとめました。

◇多いトラブルは

ありがちなトラブルとしては、リフォームした箇所に不具合が生じている、契約と工事の内容が違う、工期が遅れたというものが多いです。

やはり多いのは不具合が生じたというものです。

不具合の内容は、配管から水漏れしている、機器が動かなくなった、建具がうまく開閉できなくなったなどがあります。

これを防ぐには、工事が完了した時に工事会社の人やリフォーム業者の営業マンなどと一緒に完了検査をすることです。

この時に不具合が見つかればすぐに対処してもらえるので必ず行いましょう。

新築そっくりさんでは施工後も定期的に検査を行い、10年間保証を設けていますのですぐに対応可能です。

その他トラブル例・・・5年で3倍に増えた「住宅リフォーム」苦情 「すぐに契約を」がトラブルを呼ぶ

◇他のトラブル回避法

他にあるトラブルで契約と工事の内容が違うというものは、見積書の内容についてしっかり理解しておくことが大切です。

〇〇工事一式とよく記載されていますが、「一式」にはどんな工事が含まれるのか確認しておきましょう。

工期が遅れたという件に関しては、リフォーム内容や工期、金額についての契約書をきちんと作っておくことで防げます。

口約束だけで工事を進めないことです。

◇わからないことは聞く

リフォーム業者はいつも聞き慣れた言葉なので工事内容についても良くわかっていますが依頼者からすればわからないことだらけですよね。

わからないことは担当者に聞くようにし、明確にしておくことがトラブル回避につながります。

新築そっくりさんでは、担当者からわかりやすく丁寧に説明してもらえます。

コメントは受け付けていません。